リサイクルトナーで印刷費削減

リサイクルトナーで印刷費削減

リサイクルトナーとは、使い終わったトナーカートリッジに、トナーを補充しなおした再生トナーカートリッジのことです。
通常、使い終わったトナーカートリッジはメーカーに回収されるか廃棄されますが、再生トナーカートリッジを販売する業者が再利用するために回収・買い取りを行なっています。
業者によって買い取られたトナーカートリッジは工場へ運ばれ検査を受け、老朽化していたり欠損があれば部品交換されます。
カートリッジのチェックが終わると分解・洗浄されトナーが充填されます。
トナーの充填が終わると印字検査をして、印刷に不具合が出ないことを確認します。
インジェクトプリンターは、インクを用いて印刷を行うので再生トナーカートリッジは使用できず、使用できるのはトナー式のコピー機とレーザープリンターです。
リサイクルトナーは、カートリッジの製造・開発コストが不要なことに加え、プリンターやコピー機で使用されるトナー自体は安価で製造できるため、純正品のトナーに比べ圧倒的に安いことが特徴です。
純正品の10分の1以下で販売されているものも多く、トナーを純正品からリサイクルトナーに変更することで、コピーやプリントの費用を大幅に削減することが可能です。

経費削減効果が高いリサイクルトナー

リサイクルトナーとはユーザーが使用したトナーを回収したもので、そのトナーを分解、洗浄、部品交換を行い、再利用したトナーの事をリサイクルトナーと呼びます。
メリットは通常のトナーと比べて圧倒的に価格が安い事にあります。
何故価格が安いのかと申しますと、使用済みトナーを再利用していますので、研究費や開発費がほとんどかからないからです。
また、再生品という事から、純正品のトナーよりも保証が充実している事が多いですし、3回から5回ほどリサイクル出来ます。
部品を交換するだけですので、純正品のトナーよりも大分安い料金で導入する事が可能です。
利用頻度の高いユーザーであればあるほど経費削減効果が期待出来ます。
リサイクルトナーには「リターン品」と呼ばれる現物再生品と「即納品」と呼ばれる即納再生品の2つの種類が存在しています。
リターン品は、オフィスなどで発生した空のカートリッジを回収して、再生する方法となります。
次に即納品ですが、あらかじめ回収しておいたカートリッジを加工して、即日納品する方法となります。
即納品は注文から納品までの期間が短い事が特徴的です。
反対にリターン品は、注文から納品までに1週間から2週間程の期間がかかります。


Valuable information


食品モニター


俳優スクール


酒 買取


Last update:2019/4/3

Copyright(C) 2015 リサイクルトナーを知る All rights reserved.