リサイクルトナーで印刷費削減

メーカー品で無いリサイクルトナーはコストも環境も配慮できます

中小企業やSOHOの方にとって欠かせないビジネスツールの一つがプリンターです。
それらのオフィスで使われるプリンターは家庭用のモノと比べて、スピードやランニングコストに重点を置いたレーザープリンターモデルが用いられるのが一般的です。
プリンターは印刷をすればするだけランニングコストがかかるので、レーザープリンターのランニングコストを抑えたいというのが中小企業、SOHOの方にとって重大な関心事となっています。
そのレーザープリンターのランニングコストを抑えるのに貢献するのがリサイクルトナーです。
リサイクルトナーとはメーカーの純正品とは異なりますが、その分、価格が2~3割程度、モノによっては半額近い場合があります。
しかもリサイクルとあるようにトナーを入れるケースを再生して利用しているので、環境にも優しくビジネスを行えます。
この様にリサイクル品の活用はコスト面、環境面共に配慮して日々、ビジネスで利用する事が出来ます。

リサイクルトナーとメーカー純正トナーの違いとは

トナーを用いるレーザープリンターには大きく分けてメーカーの純正品のトナーとメーカー固有のものでは無いリサイクルトナーがあります。
それぞれには特徴があるので、特徴を理解して購入する事が大切です。
まず、純正品のトナーは純正品という事もあり、固有の機械に設計段階から最適な様に作られているので、あらゆる面でベストなトナーとなります。
ベストなトナーである反面、純正品という事もあり、若干値段が高いという側面もあるので、注意が必要です。
一方のリサイクルトナーはメーカー純正のものでは無いので、価格がリーズナブルに設定されています。
長期間に渡って考えると、純正品に対して、リサイクル品であれば数本多く購入が出来る様になります。
また、リサイクルされた商品となっているのでエコにもなります。
トナーなので純正品とリサイクル品を交互に使用する事も可能なので、一度、画質やコスト面を試してみてから使い続けてみるという事も出来ます。

pickup

Last update:2015/12/16

Copyright(C) 2015 リサイクルトナーを知る All rights reserved.