リサイクルトナーで印刷費削減

リサイクルトナーの品質について。

リサイクルトナーといえば、いわゆる空になった純正品の入れ物に、汎用のインクをつめたものになります。
まず、メリットについてですが、なんといっても価格が安いことです。
純正品に比べると場合によっては半額以下の金額で買えることも多いです。
次にデメリットですが、やはり部品自体は一度使われている材料を使っていますので、不具合が出る可能性が若干高くなります。
と、いってももちろん販売する側も検査したうえで出荷していますので、あくまでも可能性、の話ですが。
一番気になるのは品質の部分ですが、正直写真などを印刷した場合などは若干ではありますが色合いが気になる、ということもありますが、充分誤差の範囲内でしょう。
文書やグラフ形式の物を多く印刷する機会が多いのであれば、ほとんど気にならない範囲です。
メーカーサポート(この場合は販売元の保証)などもついているところも多くありますので、購入するところを選びさえすれば、価格以上のメリットが見込めるといっても過言ではないでしょう。

書類の作成に適した品質を持つリサイクルトナーの選び方について

オフィスでの書類の作成はプリンターやコピー機を使用するのが一般的ですが、印刷に用いるトナーは消耗が激しいので購入費用が嵩む問題があります。
そのため、購入コストを抑えることが出来る低価格のリサイクルトナーの需要が増加していますが、価格が安い一方で製品によっては色のムラやかすれなどの不具合が生じることがあるので慎重に選ぶ必要があります。
特に通販で大量に購入する場合は印刷用の機器に不具合をもたらすほどの粗悪品が混在しているケースもあることから、信頼できる業者が扱う良質の製品を用いることが大切です。
リサイクルトナーの品質は同じ規格でも製造業者によって大きく異なります。
長期の保管が必要な重要書類を作成する場合は事前に印刷テストを行って品質の良し悪しを確認しておくことがトラブルを回避するための心得です。
また、印刷機器によってはリサイクルトナーが使用できない物もあるので併せて注意する他、品質の劣化を防ぐために購入したトナーは短期間で使い切るように心がけます。

check

フィリピンで語学留学を考える

最終更新日:2018/12/19

Copyright(C) 2015 リサイクルトナーを知る All rights reserved.